Young man smiling while in office

未来を見据えて

The man has short hair

将来のことを考えても、やっぱり何か特技の一つは身に着けておくべきかな?と考える方も多いと思います。ではそんなあなたに、エンジニアという選択肢を是非取り入れてもらいましょう。ここでいうエンジニアというのはシステムエンジニア(SE)のことで、プログラミングをする仕事となります。プログラミングというのはWEBサイトを作る方法になり、今では様々な種類のプログラミング言語が存在します。例えばHTMLというマークアップ言語があって、そこからCSS、php、javascript、あとはrubyという言語もあります。rubyは今非常に注目されているプログラミング言語で、エンジニアがコーディングしやすいように作られています。ちなみにエンジニアの求人情報を色々みてみると、rubyができる人を求めている求人もかなり多いので、rubyを覚える価値は十分にあるでしょう。もちろん他のプログラミング言語もかなり重要なものばかりなので、是非エンジニア求人に応募する際には、事前に様々なプログラミング言語を見て、勉強してほしいと思います。実はまだまだ世の中にはエンジニアの数が足りないと言われているので、あなたが少しでもエンジニアの求人に興味を持ってくれるのは非常にありがたいと思ってくれる企業もたくさんあるでしょう。しかし、だからといって知識経験0の人を雇ってくれるようなところはまずありませんので、異業界から転職を希望している人は特に最低でも一つ以上のプログラミング言語をマスターしておくことをおすすめします。